profile

楊雪の紹介

中国生まれ、日本育ちの二胡奏者

《 こ れ ま で の 歩 み 》

小さい頃から二胡(胡弓)演奏家・作曲家である父・楊興新(ヤンシンシン)の影響で二胡に親しみながら成長した。父の来日に伴い、小学校から大学卒業までを埼玉·東京で暮らし、日本文学・文化と音楽に親しみながら成長。書道展で最優秀賞を得た経験もある。
高校・大学時代には、室町時代から伝わる小笠原流礼法を学び、「花鬘伝(はなかずらのでん)」を授かる。東京経済大学経済学部学士号取得。2007年から、父・楊興新に本格的に師事。
2014年、中国北京にある音楽大学、中央音楽学院へ中国政府奨学金留学生(全額免除)に選ばれて入学し、田再励(デンザイリ)氏に師事。同校大学院合格後は、更に、板胡を李恒(リハン)氏、二胡を陳耀星(チェンヤオシン)氏にも師事、鋭意努力した。二度の北京校内公演(王府ホールは日本人初)も好評を得る。
2020年6月、日本人初の修士課程を修了卒業し帰国。

2017年、東京オペラシティコンサートホールで開催された音楽文化交流プロジェクト「ONE ASIA ジョイントコンサート ジャパンプレミア 2017」に二胡奏者として参加。その模様は、2017年12月、テレビ朝日「題名のない音楽会」にて放映された。
2018年、北京の中央音楽学院音楽ホールにて、趣向をこらした演奏で第一回修士学位卒業コンサートを成功させた。
翌年の2019年には、学院内最大の王府ホールにて更に難曲とされる4楽章からなる協奏曲を先鋭のオーケストラと共に演奏、また、日本からのトップアーティストや著名アニメーター制作のアニメーション放映や生け花とのコラボレーションにより、日中友好や文化交流を見事に表現した。
この二回の学院内公演は、日本人として初の公演としても注目を浴び、溢れる聴衆により、好評のうちに幕を閉じた。

演奏者としてだけでなく、二胡教育者としても活動している。
2007年に日本二胡学院東京大塚教室を設立、日本二胡学院専任講師となる。その後、岡山、仙台、群馬にて二胡教室を開き、丁寧で明確な指導により、大勢の生徒に愛され支えられている。生徒のなかから、二胡奏者・二胡教育のプロフェッショナルが育ち、それぞれ活躍の場を広げている。
社会貢献活動にも取り組んでおり、「二胡が持つ音楽の力」をもっと多くの方に届けたいという願いから、全国での演奏活動のほか、日本各地の老人ホーム、障がい者施設や震災の被災地などで数多くの慰問演奏をしている。困難と向き合う障害者との楽しい交流・援助を目的とした「星の基金」も大切に育てている取り組みのひとつである。
2016年に楊雪の活動理念に賛同したメンバーと結成した「楊雪二胡楽団 YANG YUKI ERHU ORCHESTRA」の団員とも一丸となって、社会貢献に力を注いでいる。
テレビ・ラジオに出演し、新聞・雑誌にも取り上げられるなどメディアの関心も集めている。日中友好イベントにも参加、日本と中国の永久的な友好平和を願い、その「架け橋」になりたいと願っている。
中国音楽家協会及び、中国民族管弦楽二胡学会会員。

【discography&book】

2011年12月、本格的にプロデビュー。ミニアルバム「シルクロード」をリリース。
2013年6月、オリジナル曲を収録した初のアルバム「櫻Eternally」をリリース。
2016年4月、オリジナル曲を収録したセカンドアルバム「雪の舞」をリリース。
2019年7月、オリジナル曲を含むサードアルバム「雲・海seaofclouds」をリリース。
2020年6月、楊雪監修「二胡上達レッスン技術と表現力を磨く」(メイツ出版)販売開始。

音源情報はこちら>>

受賞歴

2016年8月、中国 “第三回 敦煌杯・上海 二胡コンクール” にて銀賞を受賞。
2017年7月、中国 “第六回 国際中国器楽コンクール” にて金賞を受賞。

過去の演奏記録

第二回修士卒業コンサート
第一回修士学位コンサート
One Asia joint concert

楊雪 演奏依頼 日本二胡学院 楊雪二胡楽団

楊雪オフィシャルファンクラブ 星の基金 楊興新Yang XingXin

二胡ねっと